育毛剤の使い方間違っていませんか?

せっかく購入した育毛剤も使い方が間違っていたら期待できる効果も減ってしまいます。
既に使われている方は自分の使い方が間違っていないかチェックしてみるといいですよ。

これから購入を考えている方は、はじめから効果的な使い方ができるように覚えておくといいですよ。

塗布するタイプに関しての間違った使い方で多いのが「髪の毛が濡れたまま使う」というものです。
本来、育毛剤は髪の毛が乾いた状態で使用するものです。

髪の毛が濡れているとせっかくの育毛剤が吸収されにくくなってしまいます。
髪の毛をしっかり乾かしてから使用するようにしましょう。

顔に使用する化粧水のようにコットンに含ませて使用している方はいませんか?
これも間違った方法です。

なぜならばせっかくの育毛剤が髪の毛についてしまうからです。
育毛剤は頭皮に塗布することで効果が出ます。

髪の毛にたくさんついても効果はありません。
頭皮につけるということを心がけてくださいね。
正しく使って育毛は効率的に行うようにしましょう。

育毛剤の主な成分

育毛剤に含まれている主な成分には以下のようなものがあります。

  • 血行を促進させる成分
  • 細胞を活性化させる成分
  • 皮脂分泌を抑える成分
  • 保湿をする成分
  • 炎症を抑える成分
  • 男性ホルモンを抑える成分

商品によって含まれている成分・含まれていない成分は異なります。
多くの女性用の育毛剤に関しては男性ホルモンを抑制する成分は含まれていませんね。
女性の抜け毛や薄毛の原因の多くは男性ホルモンによるものではないからです。

また、ほとんどの育毛剤に含まれているのが血行を促進させる成分です。
髪の毛の生育には栄養が必要です。

体のすみずみの細胞に栄養を運ぶのは紛れもなく血液で、これは髪の毛でも同じ事なんですね。
血行をよくすると育毛に効果があるとされていて、医療用成分が配合されているものもありますよ。

ただし、医療用成分が使われているものに関しては持病のお持ちの方は医師に相談してから使用するのが良いでしょう。
薬と同じなので副作用には十分注意するようにしてくださいね。

人気のある育毛剤

まずはじめに、お断りしておきたいことがあります。
人気のある育毛剤が必ずしもあなたの薄毛改善になるかは疑問だということです。
なぜなら、人によって薄毛の原因は異なってきますし、その中でも個人差というものがあるからです。

しかし、多くの人が良いと言っているものは確かに良いものである可能性は高いという判断もできますよね。
今お話したことを前提に、現在人気のある男女兼用タイプの育毛剤について少しお話をさせていただきたいと思います。

M1ミストは男女問わず使える育毛剤として紹介されています。
ミストタイプなので狙った場所に簡単に塗布できますし、またピーリングをするというのが特徴ですね。

年齢を重ねると顔の皮膚もターンオーバーが悪くなってくるのでピーリングをしますよね。
M1ミストの場合のピーリングは角質ではなく、毛穴の奥の汚れを除去するということです。

ケモアという育毛剤も男女兼用タイプです。
TVCMもされているようなのでどこかで見かけたことがあるかもしれませんね。

毛根に酸素を届けて頭皮に栄養を与えるというのが一番の売りです。
匂いもきつくなく、刺激も弱いタイプのものです。

ほかにも人気のある育毛剤はありますが、一番初めに申し上げたとおり人気があるからといって必ずしもみんなに効果があるわけではありません。
自分の薄毛タイプを把握して、それに沿うものを選ぶようにするのが一番でしょう。

育毛剤の効果的な使い方

せっかく育毛剤を使って育毛をするなら効果的な使い方をしたいですよね?
ここでは、塗布するタイプの育毛剤を効果的に使う方法をいくつかご紹介したいと思います。

1:髪の毛が乾いた状態で使う
髪の毛が濡れた状態での使用は厳禁と言っても過言ではありません。
意外とこのことを知らずに濡れたまま使用する人も多いようです。

必ず髪の毛を乾かしたあとに使用するのが鉄則です。
また、育毛剤を使う使わないにかかわらず頭を洗ったら必ず乾かしましょう。

濡れたままで寝るのは髪の毛にとって最悪の状態です。
濡れたままでは抜け毛や頭皮のトラブルにに拍車をかけてしまいますので注意してくださいね。

2:毎日継続して使う
適量を毎日塗布することが重要です。
意外と毎日って難しいですが、これが大事なんですよ。

育毛剤は一度にたくさん塗布すればいいものではないんです。
たくさん使っても一度に吸収される量は増えないからです。
塗布のしすぎは髪の毛のベタつきにつながりますので注意しましょう。

3:頭皮のマッサージをしよう
育毛剤を塗布したら吸収をよくするためにマッサージをすると良いですね。
しかし、むやみにゴシゴシとこすってしまったり、爪を立てたりは厳禁です。
指の腹で優しく頭皮を揉みほぐしましょう。

育毛剤の毛母細胞活性化成分

髪の毛の健康な生育のためには、十分な栄養が必要です。
なぜならば、髪の毛の毛母細胞が細胞分裂を行うために必要だからです。

この毛母細胞が細胞分裂をすることにより、髪の毛が健康に育つんですね。

育毛剤には、この毛母細胞を活性化させるための成分が含まれているものがあります
血行促進成分と毛母細胞活性化成分を合わせることで栄養の吸収される効率が良くなるんですよ。

よく耳にする育毛剤に含まれる活性化成分には、パントテン酸やパントテニールエチルエーテルといったものがあります。
パントテニールエチルエーテルはパントテン酸の誘導体です。

パントテニールエチルエーテルは皮膚からの吸収がしやすく、体内でパントテン酸になる物質です。
毛母細胞活性化成分としてはもちろん、保湿成分としての役割もあるんですよ。

他には、ビオチンや生薬として使われている白薬子エキス等もありますね。

育毛剤は使ってみないと効果がわからないというのは事実です。
自分の薄毛の原因と、重点を置いて対策したい部分をはっきりさせて、その条件に合致する商品を選ぶようにするとハズレのリスクは低くなるでしょう。

無添加の育毛剤

今までに使っていた育毛剤で肌荒れやトラブルをおこしたことありませんか?トラブルを起こす原因としてはいくつかあります。
マッサージするときに爪を立てている、頭皮を清潔にしていないのに育毛剤を使っている、シャンプーが頭皮に残っているなどさまざまな原因があり、トラブルをおこしてしまいます。

中には、育毛剤の中に含まれる成分がきついものであることが原因で肌あれになることがあります。
一回ではならなくても数回使っているうちに、ニキビ、赤み、痛みを伴うことがあるのです。

人によっては何もトラブルなく使っている方もいますが、敏感な方はすぐに肌荒れを起こしてしまうのです。

ですから、そんなときは無理に使用せずに頭皮を休ませてあげることも大切で、使う育毛剤もきつい成分がはいっているものではなく、天然のものをつかっている無添加のものを使うようにするといいでしょう。
無添加の育毛剤を使っていると肌荒れの心配も軽減されるので、おすすめです。

白髪染めと育毛剤

年齢に関係なく白髪が出始めたら白髪染めをするのですが、髪の毛は平均で1ヶ月で1cmほど伸びてきます。
2ヶ月もすれば2cmになるので白髪染めをする頻度は高くなります。

天然成分の白髪染めでも少しは髪の毛と頭皮にダメージがいくのは普通です。
しかも、シャンプーをきちんとしないと毛穴を塞いでしまうので白髪染めのあとにはシャンプーはしっかりとしなければいけません。

白髪も気になるけど薄毛も気になる方は育毛剤を白髪染めのあとに使うといいですね。
白髪染めのあとには薬剤が残っている場合や菌が繁殖してしまう可能性があるので、育毛剤の種類を選ぶのであれば、菌を抑えてくれる効果のあるものを選ぶようにしましょう。

ほとんどの育毛剤には血行促進の効果が入っているので、菌を抑えるものでも血行促進できます。
正しい使い方をしていると育毛剤を使ったトラブルがなくなるので、どの効果があるものでも正しい知識を覚えておくといいですね。

皮脂を抑える育毛剤

頭皮は自分の目で見ることがなかなかできない部分ですが、頭皮は汗や汚れなどによって毛穴が塞がれている場合があります。
毛穴が塞がれてしまうと髪の毛の成長を妨げるので、抜け毛により薄毛の原因になります。

ですから、毛穴を詰まらせないようにするのが一番の方法になります。
毎日のシャンプーで丁寧に皮脂や汚れを取り除いてください。

シャンプー後は雑菌の繁殖を抑えるためにドライヤーで乾かすことをおすすめします。
シャンプーやドライヤーで頭皮を清潔にしていても皮脂はどうしても出てくるものですから、皮脂を抑えてくれる効果のある育毛剤を使うことによってある程度は皮脂の分泌を抑えてくれるのです。

本来皮脂は皮膚を保護してくれる働きがありますから、すべての皮脂を取り除いてしまってはいけないので過剰な皮脂だけ抑えるようになります。
自分頭皮を観察して皮脂がたくさん分泌されていてかゆいと感じているなら皮脂を抑える育毛剤をおすすめします。

育毛剤の正しい使い方

育毛剤の正しい使い方を知らずにただつけておけばいいと思っていませんか?

確かにつけておけばいいのですが、少し工夫することによって効き目が違ってくるのでこれからはちゃんと効果がある使い方をしていきましょう。

まず、シャンプーする前に育毛剤を頭皮全体にぬって軽く頭皮を揉みほぐすようにマッサージしておきます。
シャンプーする約30分くらい前がベストになります。
その後すぐにラップや蒸しタオルで頭をしっかりと包み込みます。

頭を温めることによって内容成分が浸透しやすくなり、十分な効果をもたらしてくれます。
約30分放置したらシャンプーをしっかりしてキレイにすすぎます。
このときに、爪をたてて洗うと頭皮が傷ついてしまうので指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。

最後に、同じ育毛剤を頭皮全体にぬってマッサージするのです。
この方法で正しく使っていると効果が上がるので毎日はできなくても週に何回かできる日を作るようにしましょう。